ダイオプテーズ

*ハートの奥深くまで届く癒やしの光*
ダイオプテースは1785年にカザフスタンで発見され、当初は、深く鮮やかなグリーンの輝きがエメラルドと似ていたため、エメラルドと間違われたと言われています。
ハートのチャクラを強力に癒やし、物事をポジティブにとらえられるよう促します。
自身の潜在能力に気付かせ、すべき事が何であるかを示します。
偏った愛の意識を一掃し、安らかな癒やしが新たな愛のありかたを教えます。
またグリーンはスペース=居場所を意味し、居心地の悪さを感じることや、心身共に自分の居場所を見つけられない時など、拠所を見つける助けとなります。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5