アクアマリン

*清らかな癒やしのエネルギー*
アクアマリンの語源はラテン語で“水”を意味する「アクア」と“海”を意味する「マリン」から由来されます。
アクアマリンはエメラルドと同じ”ベリル”と呼ばれるグループに属し、緑色をエメラルド、ピーチピンクのモルガナイト、
黄色のヘリオドール、無色透明のゴシュナイト、希少な赤色のレッドベリルなどもベリルのグループに属します。
その名が示す通り「海の宝石」と呼ばれ、穏やかな海に抱かれているような、安らぎと落ち着きをもたらします。
この美しく発するブルーの石は、古くからさまざまな逸話を残し、一説には「マーメイドの宝石」と呼ばれ、
航海に出た船員の安全を守るお守りとして使われていたそうです。
古代ローマでは、月の女神「ディアナ」の石とされ、勇敢な女神であったディアナの凜とした清々しさを重ねています。
また「天使の石」とも言われ、天使界とのコミュニケーションを促し直感を研ぎ澄まし、感性を高めてくれます。
清らかな癒やしのパワーは、怒りや憎しみ、恐怖心などのネガティブなエネルギーを取り除き、気持ちを落ち着かせ和らげます。
精神を落ち着かせることにより集中力が培われ、すべきことを冷静に考えることを助けます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

19